topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーあ - 2013.07.07 Sun



6月下旬から7月頭にかけて、実母が上京していたのです。

4年程前に、九州というの飛行機の距離の場所へ移住した両親。



実を言うと、親に対して大きなわだかまりのあった私は4年間の間、誕生日のお祝いと正月くらいに電話で話す程度で、あまり接触を持たないでいたのです。


そんな母と、久々の再会。


よく動きよく働き、体型もスマートで好奇心旺盛な母は、人様から度々「若くて綺麗ね」と言われる人でした。


上京する少し前に電話で話した時、

「若い頃からマメに手入れをしなかったツケがきたのか、シワが目立って。。。それにね、髪の毛がすごく細くなって量がとても減ったの」

と、切なそうに母が言ったのです。


実際、駅まで母を迎えに行くと、立ち振る舞いは以前のままだったのですが、久しぶりに近くで見る母は確かに老いていました。

それでも「全然変わってないじゃない」と私が言うと、母は寂しそうにはにかんだのでした。



別の日に、服が買いたいというので銀座をぶらぶら。
それから六本木ミッドタウンの 喜扇亭 に連れていきました。

お肉はあまり食べないと言っていた母も、コースを全て平らげ、とっても美味しかったと喜んでいました。
一緒に行った歳の離れた妹も「こういうお店、緊張する~~」とガチガチ。
せっかくなので、フォアグラ食べた事あるか?と聞くと、ないと言うので追加注文。

正直言って、美味しいのかどうか未だによく解りません。
でも、貧乏人な私はフォアグラって聞くとテンション上がっちゃう。ハハハ。

母の分は当然だけど、20代半ばの妹に出させるのも可哀想なので姉ちゃんの私が気前良く払う。

やっぱり長女って、損やがー。
欲しかったあのフィギュア、今月は諦めるんだ。。。


余談ですが、喜扇亭は個人的に人形町の本店よりも接客が丁寧でした。
大きな窓越しで開放感があるし、次からはずっと六本木の店にしよう。。




その後、喫茶店に移動し、3人であれこれとお喋り。
そして近づいてくるお開きの時間。

------------------------------------------------------------


別れ際の湿った雰囲気が昔から嫌い。
だから「また明日」みたいに、笑顔で別れた。

でも、帰り道のだらだらとした中途半端な坂を登りながら、母が覗かせた老いに戸惑う寂しそうな顔を思い出した。
目を見ながら話したい事がもっとあった気がする。
「ありがとう」とは何度も言ったけど、本当は「ごめん」を先に言いたかったんだ。

大人になりきれていない自分に苦しくなり、切なさが胸にこみ上げて視界が熱く滲んだ。




それから数日後、1人で電車に乗っていると、とても見慣れた後ろ姿の女性がいた。
まったく知らない女性だけど、髪形や髪の色や質感が非常に母に似ていた。
それを見て、


「ああ、母もこんな風に、猫っ毛で柔らかくてツヤツヤした綺麗な髪だったな」


そう思い出した途端、久々に会った母の乾燥して量の減った後ろ姿が脳裏をかすめ、不覚にもまたはらはら泣きながら帰りの坂道を登ったのでした。

健康に元気でいてくれているだけで、充分恵まれていて有難い事だとわかってはいるのですが。
やはり親の「老い」を実感するのは、寂しく、切ないものですね。





湿っぽくてすいません。

恩師 «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

プロフィール

リコ.

Author:リコ.
大航海時代online、E鯖
引退済み
個人的な日記が多いので、有益なブログではありませぬ
(*´-ω-`)
他は日々の献立記録とか。
あとで見直したい時のために記してます。下品でおバカなおばちゃんですが、どうぞよろしく。押忍!

カテゴリ

未分類 (12)
インテリア (1)
日常 (77)
大航海 (63)
本 (2)
飲み会 (4)
動画 (3)
自己紹介 (1)
オーナメント (3)

最新記事

最新コメント

リンク

ランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。