topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死ねばいいのに - 2010.06.24 Thu

06216172.jpg

京極夏彦の新刊、死ねばいいのに を読了。
電車内で読んでいると、本のタイトルを見た人の視線が辛い。
京極にしては厚くなく、文字数も控えめ。

最初は読んでいて激しくイライラさせられた。
電車に乗っている時に、高校生の激しいお喋りの場に居合わせたような気分に似てるかな。
もちろん、これも京極の計算の内なんだろうけど。

それにしても、この人は人間をよく見てるよな~と思う。
どことなく自分自身を批判されているような気持ちになって、片身の狭い思いをしたり。
自身を振り返るいい機会になる本かもしれない。
あれだけアホな語り口調で、しっかり恒例の憑き物落としまでやってる結果にまた吃驚。
やっぱり京極はすごい。
スポンサーサイト

1Q84 - 2010.06.19 Sat

353422.jpg

流行に乗り遅れた感はあるけど、知人が3巻まとめて貸してくれたので読んでみた。
5日ほどで読了し、以下はその感想。多少ネタバレあり。

おおまかに言えば、全体的には面白い本だと思う。
が、読みやすいのがウリみたいだけど、ちょっと読みやす過ぎる気もする。
京極夏彦好きとしては、少し歯ごたえ不足で物足りなかった。
それから、無駄に感じてしまう描写がちょっと多い気がしたことと、
肝心な部分でのツメが甘い気もした。

例えば。

調査能力に定評があるといわれる牛河。
彼が青豆の幼少時代からの生い立ちを単独で調べる時、調査不可能と思われる領域まで踏み込むときに忽然と現れた謎の人物。
肝心な部分はその人物に丸投げし、高額な金銭と引き換えに簡単にその情報を手に入れる。
この上なくご都合主義っぽく感じてしまう。
牛河の能力をあれほどまでに持ち上げてしまうと、ちょっと説得力に欠けると思った。

もう一つ。

青豆と天吾が物理的に結ばれる場面だが、あっさりとし過ぎていて感動に欠けてしまった。
二人のお互いの肉体に対する反応や仕草が、まるで10代の若者の行いのように感じた。
もちろん、二人とも10代の頃の魂に戻って結ばれるシーンだと思っているので、それはそれでアリなのだとは思うけど、初々しさや青臭さといったものとは別次元の、ただの稚拙な行いにしか見えなかった。

では感動した部分はどこか。

それは天吾が日々営む、日常生活の描写。
飯を炊き、味噌汁を作り、主菜に、酢の物などの小鉢も忘れない。
食べ切れなかった分はラップをして冷蔵庫にしまう。
大げさでも豪華でもなく質素極まりないのだけど、それがいい。こんなお婿さんが欲しい。
青豆も良かった。冷蔵庫にある野菜にマヨネーズをつけて適当に食べる。
すごくリアルだ。飾らず人間味があってすごくいい。

あとはタマルの冷酷でストイックなハードゲイぶりだろうか。
ところでこの本は3巻で完結なのかな?


とりあえず、アマゾンから京極の 死ねばいいのに が届いたので、次はこれを読むことにする。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

リコ.

Author:リコ.
大航海時代online、E鯖
引退済み
個人的な日記が多いので、有益なブログではありませぬ
(*´-ω-`)
他は日々の献立記録とか。
あとで見直したい時のために記してます。下品でおバカなおばちゃんですが、どうぞよろしく。押忍!

カテゴリ

未分類 (12)
インテリア (1)
日常 (77)
大航海 (63)
本 (2)
飲み会 (4)
動画 (3)
自己紹介 (1)
オーナメント (3)

最新記事

最新コメント

リンク

ランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。