topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師 - 2013.07.12 Fri

私は小学3年の頃から4年間と、中学校の3年間の計7年間バレーボールをやっていたのですが、その小学校時代の時の監督から「おい久しぶりに集まるぞ」と召集がかかったのです。

その監督は私が通う小学校で担任を受け持ちながら、バレー部の顧問をしていました。
甘ったれで体力と根性のなかった私は、ひょんな事がきっかけで入部する事になったのですが、その部の活動はそれはそれは厳しいものでした。

年に2回は親元を離れ地方へ合宿へ行ったり、毎週土曜日は早朝から電車を乗り継ぎ他所のチームと夕方遅くまで練習試合。
夏休みはほぼ毎日練習で、練習試合に負けるとお昼ご飯を食べる時間は1分しか与えてもらえない事もあり、ミスすれば頭をしばかれボールでどつかれるのは当然で、頬を叩かれてて口の中が切れて鉄の味がしたなんて事もありました。
ちなみに朝に弱い私は早朝からの朝練習が一番しんどかった(笑
(でも本気でスポーツをやっていた人なら、この位のしごかれネタは誰しもあるよね)

当時はやめたくてやめたくて仕方がなく、監督が憎くて憎くて仕方ありませんでした。
でも、散々しごかれただけあって、強いチームとして一目を置かれていたのも確かでした。

6年生最後の大きな大会に出た際、全国大会でいつも優勝している私達のチームとは明らかに毛色の違う強豪と戦った時に、0-13からの大逆転で1セットをもぎ取った事もありました。
まぁ次のセットで結局フルボッコにされたのだけど。

でも、監督が厳しくしごいてくれたお陰で、自分達よりも桁違いに強い敵と戦う楽しさや、試合に勝ち進んで行く興奮や、良い成績を収めてメダルを手に入れる喜びを最後の最後になって理解できました。

監督への憎しみが感謝へと変わった瞬間でした。


そんなバレー部も慢性的な部員不足で私達の代で終わりとなり、監督は別の小学校へ赴任して教頭を経て、今は校長先生をしています。

そしてこれがまた、教育者に似つかわしくない風貌をしているのです。

背はスラッとした短髪で、日光が当たると黒く変色する黒っぽいメガネをかけ、その奥の眼光はとても鋭いのです。
当時、担任をしていた時も泣く子も黙る超絶怖い先生として有名でした。
見た目だけでいえば、どうみてもそっち系の人です本当にありがt・・・でした。



それがいまや超温厚な優しい校長先生として日々を送っています。風貌は全く昔のままだけど。
そして先生から聞いたエピソードで、こんなのがあります。


ある時期、学校の周りで不審者情報が相次いだ時、校長としての勤めを果たすべく学校の周囲を1人でパトロールしていたそうなのです。

そんな矢先、学校の先生から携帯に連絡が。
父兄からの通報で、学校の周りを不審者がリアルタイムでうろついているというのです。


なんだと!!もしかして不審者とすれ違っていたのか?でもそんなのいたっけな?
その不審者の特徴は?と電話口で尋ねると



・黒いサングラス
・長身で短髪の黒髪
・黒いロングコート











・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・俺じゃねーか!!!!!!





とまぁ、愛すべき存在な恩師なのです。


そんな監督や仲間達と最後に集まったのはもう10年近く前。
私の子供が2歳くらいの時に、みんなで我が家に来てくれた事がありました。

当時、娘は幼児が食べる白くてやわらかいおせんべいをモムモムしていて、私達が談笑するなか、あろう事か先生にむかって、その食べかけのおせんべいを

「あい、どーじょ♪」

したのです。

ああ!先生ごめんなさい、と私が受け取ろうとすると先生は



「ありがとう♪」
と笑顔でパクッと食べたんです。

笑顔でパクッと食べたんです。




・・・私、先生の教え子で本当に良かった(T▽T)


最近、バレー部の仲間に会いたいな、先生に会いたいな~と思っていたので、そんな矢先の召集がとても嬉しくて。
いつも長い自分語りですみまてん。




次はミクさんのお話→

スポンサーサイト

あーあ - 2013.07.07 Sun



6月下旬から7月頭にかけて、実母が上京していたのです。

4年程前に、九州というの飛行機の距離の場所へ移住した両親。



実を言うと、親に対して大きなわだかまりのあった私は4年間の間、誕生日のお祝いと正月くらいに電話で話す程度で、あまり接触を持たないでいたのです。


そんな母と、久々の再会。


よく動きよく働き、体型もスマートで好奇心旺盛な母は、人様から度々「若くて綺麗ね」と言われる人でした。


上京する少し前に電話で話した時、

「若い頃からマメに手入れをしなかったツケがきたのか、シワが目立って。。。それにね、髪の毛がすごく細くなって量がとても減ったの」

と、切なそうに母が言ったのです。


実際、駅まで母を迎えに行くと、立ち振る舞いは以前のままだったのですが、久しぶりに近くで見る母は確かに老いていました。

それでも「全然変わってないじゃない」と私が言うと、母は寂しそうにはにかんだのでした。



別の日に、服が買いたいというので銀座をぶらぶら。
それから六本木ミッドタウンの 喜扇亭 に連れていきました。

お肉はあまり食べないと言っていた母も、コースを全て平らげ、とっても美味しかったと喜んでいました。
一緒に行った歳の離れた妹も「こういうお店、緊張する~~」とガチガチ。
せっかくなので、フォアグラ食べた事あるか?と聞くと、ないと言うので追加注文。

正直言って、美味しいのかどうか未だによく解りません。
でも、貧乏人な私はフォアグラって聞くとテンション上がっちゃう。ハハハ。

母の分は当然だけど、20代半ばの妹に出させるのも可哀想なので姉ちゃんの私が気前良く払う。

やっぱり長女って、損やがー。
欲しかったあのフィギュア、今月は諦めるんだ。。。


余談ですが、喜扇亭は個人的に人形町の本店よりも接客が丁寧でした。
大きな窓越しで開放感があるし、次からはずっと六本木の店にしよう。。




その後、喫茶店に移動し、3人であれこれとお喋り。
そして近づいてくるお開きの時間。

------------------------------------------------------------


別れ際の湿った雰囲気が昔から嫌い。
だから「また明日」みたいに、笑顔で別れた。

でも、帰り道のだらだらとした中途半端な坂を登りながら、母が覗かせた老いに戸惑う寂しそうな顔を思い出した。
目を見ながら話したい事がもっとあった気がする。
「ありがとう」とは何度も言ったけど、本当は「ごめん」を先に言いたかったんだ。

大人になりきれていない自分に苦しくなり、切なさが胸にこみ上げて視界が熱く滲んだ。




それから数日後、1人で電車に乗っていると、とても見慣れた後ろ姿の女性がいた。
まったく知らない女性だけど、髪形や髪の色や質感が非常に母に似ていた。
それを見て、


「ああ、母もこんな風に、猫っ毛で柔らかくてツヤツヤした綺麗な髪だったな」


そう思い出した途端、久々に会った母の乾燥して量の減った後ろ姿が脳裏をかすめ、不覚にもまたはらはら泣きながら帰りの坂道を登ったのでした。

健康に元気でいてくれているだけで、充分恵まれていて有難い事だとわかってはいるのですが。
やはり親の「老い」を実感するのは、寂しく、切ないものですね。





湿っぽくてすいません。

 - 2013.06.29 Sat

階段を駆け下りると、わき腹の肉だけが上下に激しく自己主張をするリコですこんにちは。
とっても嬉しい事があったので、気分の良いうちに早めの更新です。




■ 究極の整理整頓 ■

皆さん、断捨離してますか?

もともと、整理整頓だけは大好きな性格だったので、不要な物をバシバシ捨てるのは朝メシ前だったりします。
どこに何があるかを常に把握できて、ゴチャゴチャとしていない環境。素敵。

が、この前、究極の断捨離に気付いてしまいました。

それは「自分そのものを捨てる事」です。

どういう意味かは説明しません。
究極の断捨離。

それによって自分の中のゴチャゴチャとした醜悪な煩悩が綺麗に消え去り、曖昧模糊とした煩わしい感情に振り回される事もなくなる。


究極の断捨離。
恐ろしくて少しだけ甘美な響き。



■ かつぜつ ■


5月に娘の小学校生活最後の運動会がありました。
早退を駆使して奇跡的にとうちゃんも見に来られる事になり、親子3人で弁当を食べていたんです。

その時に私が娘に

「ねぇねぇ、さっき一緒にゴールテープを持ってた男の子って、前からクラスにいたっけ?」

「ああー、武者小路(仮名)さんの事?転校生だよ」

「あー、あの子がそうなのか」

「あの子カッコいいね。女形みたいに綺麗な顔してる」



「そう??でも


       滑 舌 悪 い よ ? 



「そうなの?(笑)」

「うん。口あんまり開けないで喋るから、何言ってるかわかんない」




最近の小学生女子は厳しいなぁ。。。

頑張れ武者小路さん!!




■ 逆に狭い ■


毎年刷新される学校のパンフレットを娘が持ち帰ってきたので、目を通していたのです。


「あれ?入学した時は全校生徒330人位いたのに、今は280しかいないんだ?随分減ったね~」

「だねー。3年生なんて1クラスしかないもんね(他の学年は2クラス)」

「そういえばそうだったね。でも38人で1クラスって、ちょっと教室狭すぎるんじゃない?」

「あーなんかね、普通の教室とはちょっと違う、特別な教室使ってるの」

「へー、そんな教室があるんだ」

「そう。少人数教室っていうの」


「それ駄目じゃん(笑)逆に狭くなってるじゃんww」

「あれ?うぇwwwそういう意味じゃなくてww」

「うぇwwwwwww」


(実際、パンフレットにも「少人数教室」と記載されているという(笑))



■ ポケットティッシュ ■

4月の終わり頃に、女友達と3人で飲んだのです。
気分良く酔った私は、帰りの電車でベスポジな壁際をゲットし、もたれかかりながら立ち寝していたんです。

すると、イヤホン越しに車内のざわついた空気が。

半目で振り返ると、4人位の大学生グループの1人がマーライオンと化していたのです。
健気にも、他の3人は自分達のストールやシャツを雑巾代わりにして、床を必死で拭いているのです。

やだ泣ける。

なんとも気の毒だったので、ポケットティッシュを差し出すと、泣きそうな顔をしながら「ありがとうございます!」と受け取ったのでした。

ポケティ1個じゃ、焼け石に水だろうけどね。。。



で、先日。
大きな駅の改札を出て、デパ地下に通じる階段付近を通った時、どこからともなく聞いた事もないすごい声がするのです。

ビックリして辺りを見回すと、階段の隅っこで女性がうずくまって激しく呼吸していたのです。

なんとなく、過呼吸かな?と思ったのですが、周囲にいる人達も遠巻きに見ていて、とても気の毒だったのです。

で、大丈夫ですか?と背中をさすり、「過呼吸ですか?」と聞いてみたのですが、どうやら違う様子。
少量だけど嘔吐もしていました。

「救急車呼びますか?」と何度も聞いたのですが、「大丈夫です・・」と辞退されました。

とりあえず意識はハッキリしている様子だったのと、私も人と待ち合わせをしていたので、せいぜいポケットティッシュを渡す位しか思いつきませんでした。なんて冷たい私。

1人でいる時に具合が悪くなるのって、ものすごく不安で怖くて心細いよね。
後で、医務室とかに連れていってあげた方が良かったのかな、とか色々と後悔しました。
でも、構わないでほっといて!って思う人も、中にはいるかもしれないね。。難しいです。。

まぁ医学的知識のない私に出来る事といえば知れているので、今まで1個しか持たなかったポケティをこの日を境に2個持ち歩くようにしました。


ポケティで救える何かがあるかもしれない。



■ 桃鉄 ■

オンラインではドラクエで朧ちゃんと遊べるけど、オフラインで遊べるゲームはないかなと模索してたのです。
モンハンもG級に上がってからは、敵が強くて自分の体力を消耗するし。。。

で、朧ちゃんが大の桃鉄好きだと聞いていたので、長らく眠っていたDSを引っぱり出し、DSの桃鉄で一緒に遊んでもらいました。

私の桃鉄経験といえば、子供の頃にチョロッと遊んだ事がある位。

反対に朧ちゃんは完全無敗のキングオブ桃鉄。桃鉄廃人。桃廃。


初戦の朧ちゃんは、それはそれは親切丁寧でとても優しかった。
いちいち「このカードは何?」と質問しても、操作にモタついても、根気良く付き合ってくれた。

目的地にちょうど入れるサイコロの目が出ても、「あ、今入るとリコ姉さまにボンビーが付いちゃうから、待ってますね」とか。
やだ優しい。

そんな感じで、ほのぼのとした空気の中、朧ちゃんの独走状態で戦いは続いたのです。

すると、とあるターンでCOM(コンピューターキャラ)のボンビーが、キングボンビーになったのです。
ボッコボコのクソボッコにされるCOM。もうやめたげてよお!!と思っていると



「キヒヒヒヒヒヒヒヒヒ・・・」



朧ちゃん、満面の笑みで大喜び。

こ・・こんなゲスでイヤラシイ笑いをする人間、初めて見たぜ・・・!!

無防備に晒された幼女のダークサイド。
そなたの中には夜叉がいる!(アシタカ的な意味で)

なんだかんだで、初戦は朧ちゃんの圧勝。



すかさずおかわりの第2回戦。

妙にサイコロ運の良かった私は、グングンと資産が増えていく。

この辺りで朧ちゃんの顔から笑みが消えた。


私のターンで目的地にジャストミートな目が出たのだけど、朧ちゃんにボンビーがついてしまうので我慢した。
師匠に刃を向けることなんてできません私。

そして風向きが変わる。私にキングボンビーがついてしまった。
バシバシと消し飛ぶ私の物件。
メキメキと減る私の総資産。

決算のたびに朧ちゃんの口元がいやらしく歪む。

とあるターンで、朧ちゃんのサイコロの目が、目的地までピッタリで出た。
今入られると私にキングボンビーがついてしまう。
きっと、優しい朧ちゃんの事だから・・・・


いやもうふっつーに迷いなく目的地に飛び込んでいきましたよまるで常夜灯に突っ込んでいくカゲロウのごとくね。ハハッ。


先生、これは戦なのですね。
「リコ姉さまには絶対に負けませんからっっ キリッ」
と、遂に妨害カードまで用いて追撃してくる朧ちゃん。

情けなんて最初からなかったんや・・・。

OK、理解した。
YOUがその気ならアタイもぜーーーーっったいに負けないんだからね!!!11!1ヽ(`Д´)ノ


と、ここでまた風向きが変わる。
朧ちゃんにキングボンビーがついたのである(プギャーーーー!!!ッ)

ごめんね朧ちゃん、これは戦なの。さっきまでの私はもういないの。
「リコ姉さま、目的地入っちゃうんですか?」
だなんてウルウルした目で見つめても無駄無駄無駄なんだからね(`Д´#)

朧ちゃんの大人気ない妨害にもめげず、遂に向かえた最終ターン。
結果はいかに。。。





僅差で私の勝利!!!(*´∇`)ノ
うぇ~~~~~~い!!!!!


くずおれる朧ちゃん。


朧ちゃんの「初めて」いただきました!!


そしてもう一度短い年数で再戦したのですが、朧ちゃんの容赦ない妨害であえなく負けてしまいました。


桃鉄・・・恐ろしいゲーム!
こんなに人の本性をむき出しにさせるゲームは、そうそうないでしょう。
モンハンはモンハンで体力的に疲れるけど、桃鉄は精神的にやられます。

まぁ、めちゃんこ楽しいからいいんですけどね。



愛すべき存在の朧ちゃん、よかったらまた遊んでね♪



近況 - 2013.06.26 Wed

随分とご無沙汰していました。
ちょこちょこと書き溜めてはいたのですが、UPするまで整えるのが面倒でほったらかしてました。
4月からの出来事をつらつらと書いただけにございます。

暇つぶしに、良かったら目を通してやって下さい。






先日、電車に乗って座席に座ると、正面に生足ショートパンツの女性が壊れた人形の様に眠りこけていました。


握りつぶされたリアルゴールドの空き缶を片手に持ちながら
握りつぶされたリアルゴールドの空き缶を片手に持ちながら



一体なにがあったというのでしょう。


リアルゴールド!
リアルゴールド!




■ 飲み会 ■

4月にラフィールさんがまとめ役を務める飲み会に、とりきちさんを通じて誘って頂きました。
大航海時代を引退してから1年余り、今さら声を掛けてもらえるとは思っておらず、すごく嬉しかったです。


当日はお昼ごろに、上野で開催されている ラファエロ展 に足を運んできました。

上品で優美で柔らかい雰囲気の絵画が印象的なラファエロ。
生涯でミケランジェロの影響を受け、筋肉の躍動感溢れる馬を作中に取り入れたりなどのエピソードが面白かったです。

個人的にラファエロの人物画で一番の特徴だと感じるのが、「眼」だと思うのですが、その無機質な眼をずっと眺めていると、自分の中の何かを見透かされているような気分になって、少し不安な気持ちになります。


ラファエロに絞ってあるだけに全体的にボリューム感に欠けますが、ラファエロの特徴をしっかりと学んで感じられる作品展だと思いました。



・・それから銀座に寄り、ちょっとした手土産を購入。

そして御茶ノ水に移動し、飲み会の前に一緒に遊びませんか?と誘って下さった とりきちさん と久々に再開。

まずはカラオケへ。
娘や家族以外の人の前で歌うなんて、どれくらい振りだろう。。。
もう、緊張に緊張してしまい、あがりにあがってしまって実力の10割しか力を発揮できませんでした。

ヘタの横好きな歌でスミマセン;
とりきちさんの耳が無事だといいのだけど。。。

とりきちさんのコアでディープな美声をたっぷり堪能し、喫茶店へ移動。

同じ御茶ノ水にある みじんこ というお店です。

ここのパンケーキとフレンチトーストが目玉らしいので、お互い一つずつ注文してシェアする事に。

これは私が注文したエスプレッソの百花蜜ラテ
ハチミツの香ばしくて濃厚な甘さで、美味しい。
s-020_20130625100914.jpg


これがパンケーキ。モリッモリです。フワッフワです。
中は均等にしっかりと火が通っていて、重くはないですがしっかりとした食感です。
s-010_20130625100912.jpg


そしてこれがマスカルポーネチーズの乗ったフレンチトースト。
これがもう、表面がアッツアツでカリッとしていて、トーストの中がうるうるっとしてるんです。うるうるっと。
そしてキャラメリゼされた香ばしいナッツとマスカルポーネチーズのほのかな塩気がアクセントになってて、ピャーッ!という旨さです。
s-009 (2)


長々と私のしょうもないお喋りにお付き合い頂き、そして素敵なお店に連れてってもらい、とりきちさん本当にありがとうございました(*´∇`)


それから皆さんと合流し、総勢なんと11名!
全く初対面の方も数名いらしたのですが、和気藹々とお喋りができて楽しかったです。

ちょっとした通路を挟んでテーブルが二つに分かれていたのですが、Aのテーブルでは左?右?やら受け?攻め?やらAVは早送りする派かどうかとか(ちなみに私は早送り派ですが)、トンデモな会話で充満し、妙な熱気ムンムンなテーブル状態でした。

そして、かたやBのテーブルでは初音ミクの話題で盛り上がっていて、Aのテーブルにいた私はその話題に興味津々。耳をダンボにして盗み聞きをしていると、それに気付いた皆さんが笑いながら話を振ってくれたりと。。。やだ楽し過ぎる。。。

なかでも特に嬉しかったのが

「リコさんのブログ見てますよ」

と声を掛けて下さったり、また別のお方に

「今日リコさんに会った事をフレに話したら羨ましがると思います♪」

「え??どうしてですか?」

「フレがリコさんのブログのファンだと言ってましたので♪」

「//////////」


ありがとうありがとう/////
わざわざ伝えて下さるそのお気持ちがとっても嬉しいです。
そして最近ロクにご飯の写真もUPしていないこのブログを気に掛けてくれて本当にありがとう。

照れくさくて死にそうでしたが、雲の上を歩いているような気分になりました(*´∇`)

会費を払う際、お馬鹿な私の頭がフリーズしたせいで、nephiaさんが気前良く多めに出してくれたりとか。。
かえって気を遣わせてしまい、申し訳ありませんでした><


9人の方が2次会へと移動される中、私とふぁんしあさん2人で帰路に。
エキゾチックな美人との会話に内心ドッキドキでした////

あんなに大勢とワイワイやるのは本当に久しぶりでした。
すごく楽しかったです。
皆さんからお土産を沢山頂いて恐縮でした。
本当に本当にありがとうございました!




■ 初音ミク in 六本木ヒルズ ■


詳細はこちらをどうぞ(丸投げ)

森美術館でのLOVE展と同時に、ミクワールド全開なカフェが期間限定OPENだというので、娘と二人で鼻息荒くして逝ってまいりました。

はい、まずは

チャーハン
・・・・ファッ!?
s-s-011.jpg


中身がチャーハンで、外身は着色したネギで覆われています。
ちゃんと水にさらしたネギなのか、辛味や臭いはかなり抑えられてました。
s-002 (2)


そしてカレー
ネギまるまる一本に豚肉が巻かれています。
が、噛みちぎろうにもネギのスジが邪魔して噛みきれません。
口にほおばった状態でフリーズしている女性を数人ほど見かけました。
s-s-009.jpg


千本桜チップス
普通のポテチに、さつま芋を揚げて作った花びらがトッピングされています。
s-016_20130625103457.jpg


あとはドリンクとか
s-007_20130625103458.jpg


ドラヤキ
s-004 (3)


意外に旨かった♪
s-005_20130625103543.jpg


カフェコーナーに設置されている、おっっきなフィギュア!
もう可愛い過ぎて可愛すぎて、娘と二人でボーッと見惚れてました。
s-s-022.jpg



そして併設のグッズ売り場で、フィギュアやらぬいぐるみを買い漁り・・・。
飲食と買い物で2万以上消し飛びました。
でもいいの。ミクさん可愛いからいいの。



■ 陥落 ■

友人家族と一緒に、新宿御苑に行きました。
ここは入園料200円を徴収されるものの、とっても広くて、めちゃめちゃ綺麗でオススメです。

数ヶ月ぶりに会う友人家族の子供の牛若丸(仮名)は、前に会った時は乳酸菌の匂いメラメラだったのに、もうあんよが出来るようになってる!

しかも人見知りしまくり!

抱き上げるどころか、両ワキの下をホールドするだけで泣く!


s-013_20130625105255.jpg

どうやら、完全にパパママ以外は身内でも受け付けないレベルの人見知り状態らしい。

仕方がないので、一緒に散歩しつつ軽く手をつないでみる。
これは大丈夫らしい。  

みんなでお弁当を食べている最中も、視線すら合わせようとしてくれない。。。。



暫くして、そろそろお開きにしようかという時間になり、私は最後の賭けに出た。

牛若丸を強引に抱き上げ、たか~いたか~いをする。

当然泣かれる。


が!そこは諦めず、抱っこしながら長年鍛え上げたヒザのバネを利用しつつ、お尻を優しくトントン攻撃。

最初はウワ~ンと泣いていた牛若丸だったが、「よしよし、よしよし」という私の甘美なあやし声にほだされ、遂に!!!


コテッ と私に体を預け、大人しくなった!!!


これには友人夫婦も「おおっ!!」

最初は「俺はそんな安い男じゃないぜ」と頑なに抱っこを拒んでいた牛若丸であったが、私のハンドマジック(育児的な意味で)によって陥落した。



うふふ。
うふふふふふ。

可愛いなぁ~~牛若丸(*´∇`)

いい男に成長するんだぞ~。





まだまだ続く!  →→







 - 2013.04.13 Sat

■ 小田原と桜 ■

前に娘と二人で行った小田原
今回は家族3人で再訪です。

1時間もかからないとはいえ、ロマンスカーに乗るというちょっとしたワクワク感。
鈴廣のかまぼこ博物館は色んな練製品を自由に試食できて楽しいです。

館内に軽食が取れるスペースがあって、そこで買ったもの。
ご飯のかまぼこを混ぜてあって、揚げてあります。
外はカリッと、中はもっちりと重量感バッチリです。バカ旨です。
s-021_20130413170127.jpg


こちらはジャガイモをかまぼこのすり身で包んで揚げたもの。
おジャガがポックポクで、これまたバカ旨。
s-022_20130413170125.jpg


時期的に桜のシーズンなので、小田原城でお花見もできて丁度良かった。
s-014_20130413170135.jpg

そこから少し足を伸ばして、海を眺めながら海岸でコーヒーを飲む。至福。



■ ジョイポリス ■

今、ジョイポリスでは4月の末まで千本桜にちなんだ初音ミクのイベントをやっています。
これに行かない訳がない!
で、興奮する娘を連れて遊びに行きました。

3色団子
s-017_20130413170137.jpg

ハヤシライスセット
s-007_20130413170136.jpg

ナポリタンセット
s-016_20130413170124.jpg

これらを注文するとそれぞれ特製コースターがもらえます。



そして!!!

ダヨーさん発見っっ!!(*´∇`)


s-011_20130413170127.jpg

s-005 (2)

s-003_20130413170137.jpg

可愛すぎる。。。ハァハァ


これ以外に、桜をイメージしたミクさんドリンクや、大画面のステージでの千本桜の映像、お土産グッズなどなど盛り沢山です。


後日、日を改めてミクさん激ラブな朧ちゃんともジョイポを堪能してきましたよ(*´∇`)



■ ディズニーシー ■

今年も自分の誕生月にTDSに行ってきました。
去年も一緒に付き合ってくれた可哀相な子羊と一緒に(^-^)

今年はトイストーリーマニアという新アトラクションが登場した影響で、シーは混雑気味です。
9時開園で、5分過ぎに入園。
トボトボ歩いて現場に着くと、既にトイマニのファストパスは長蛇の列。
これは時間を無駄にするだけだと判断し、今回はトイマニを外すことにしました。

とりあえず朝食前の一発という訳で、タワテラに飛び込む。
子羊の断末魔の叫びを聞いて、爽快な私。

去年ほどのガラ空きではなかったものの、ファストパスを取ってから60分以内にリターンが来る感じだったので、サクサクとこなす事ができました。

タワテラ2回
ジャーニー3回
インディー2回
ストーム1回
ミスティック1回

あとはフォートレス・エクスプロレーションが1回。
謎解き系で、なかなか面白いですよ。

あまり無理をするとヒザが痛くなったり、足の小指から出血しだしたりするので、今年はのんびりと遊びました。

去年に続き、今年も私のワガママに付き合って頂き、本当にありがとうございました。
いやー、めちゃんこ楽しかった(*´∇`)
お誕生日プレゼントまで用意してもらって恐縮でした。
コレクションが増えて嬉しいです。
大事にしますね(^-^)






かなり長くなってきたので→



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

リコ.

Author:リコ.
大航海時代online、E鯖
引退済み
個人的な日記が多いので、有益なブログではありませぬ
(*´-ω-`)
他は日々の献立記録とか。
あとで見直したい時のために記してます。下品でおバカなおばちゃんですが、どうぞよろしく。押忍!

カテゴリ

未分類 (12)
インテリア (1)
日常 (77)
大航海 (63)
本 (2)
飲み会 (4)
動画 (3)
自己紹介 (1)
オーナメント (3)

最新記事

最新コメント

リンク

ランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。